5月が旬の野菜を食べて大型連休を楽しく過ごそう!

旬の野菜・5月

初夏の始まりを感じる季節となります。
大型連休もあり、家族や友達と過ごす時間も多くなりますね。
旬のおいしい野菜を食べて、元気に過ごしましょう!

 

らっきょう

ピリッと辛いらっきょうは、甘酢付けが主流です。
カレーライスの付け合せなどでもよく見かけますね。
また沖縄の特産として知られる島らっきょうは、エシャレット(軟白栽培で若採りしたもの)の仲間で、長細い形をしています。
刺激の強さからお子様にはあまり人気のないらっきょうですが、大人には初夏を乗り切る大人の味として人気があります。

 

みょうが

独特の高い香りを持つみょうがは、薬味として広く知られています。
これからの季節はそうめんと一緒に召し上がっても美味しいと思います。
原産地は中国や日本などだと考えられていて、その歴史はとても古いものです。
3世紀頃に書かれた文献では、「日本人はみょうがを食べない」と書かれているようで、その当時の日本人はあまりみょうがを食していなかったことがわかっています。
現代でもその独特の香りから苦手な方もいらっしゃるようですが、日本食のアクセントとしては欠かせない食材といえるのではないでしょうか。

 

新ゴボウ

一般的にゴボウといえば長いものをイメージしますが、関東では耕土が深く水はけがよいので長いゴボウ、
関西では耕土が浅いので短いゴボウや葉ゴボウが栽培されています。
ゴボウはすぐ使うのでなければ土がついたままの方が日持ちしやすいそうです。
ある程度の太さがあり、ひげ根が少なく柔らかくないものをえらびましょう。