8月は旬の野菜で夏バテ対策をしましょう

旬の野菜・8月

暑さで体力を奪われる時期です。きっちり野菜を摂って体力をつけましょう。

 

ゴーヤ(にがうり)

夏が旬で栄養価が高い食材です。
本州ではそこまでメジャーではありませんが、九州や沖縄では身近な食材です。
沖縄のゴーヤチャンプルーが有名ですね。
ゴーヤには独自のにがみがありますが、このモモルデシンという苦味成分が胃腸の粘膜を保護したりする効果があるようです。
油との相性もいいので夏バテに適した食材でしょう。

 

トマト

トマトが赤くなると医者が青くなると言われているほど栄養価が高い食材です。
有名なのはリコピンという色素でしょう。
リコピンが活性酸素を減らし、しかもβ-カロチンやビタミンEの何倍もの効果があると言われています。
また、13-oxo-ODAというリノール酸が含まれており、血糖値が低下するのだそうです。

 

スウィートコーン

夏と言えばとうもろこし。スウィートコーンはとうもろこしの中で甘味が強い食べ物です。
炭水化物を多く含んでいるので高エネルギーな食材です。
その他、リノール酸やオレイン酸を多く含んでいるので動脈硬化の予防や改善に効果があると言われています。